FC2ブログ

仮想通貨にはびこる騙しの手口――仕手やフィッシング詐欺グループが暗躍★草コインには怪しい勢力も暗躍中








仮想通貨投資のなかで、もっとも「ハイリターンを狙える」とされているのが、俗に「草コイン」と呼ばれる、まだ価格が上がっていないマイナーなコインを買うやり方だ。仮想通貨は現在1500種類以上があり、日本の取引所で売買されているのはそのほんの一握り。日本の取引所では買えないコインのなかには、驚くべき暴騰を果たした銘柄も多いのだ。

 しかし、草コインは時価総額が安く、流動性が少ない。それは価格操作をしやすいことにもなり、また株のように取り締まる法律もない。そのため、怪しい集団も……。仕手グループに参加しているAさんが話す。

「僕の友人がチャットツールのコミュニティで話し掛けられて、一緒に草コインの勉強会に行ったんです。そこで誘われて、数百人が参加している、そこのLINEグループに登録したのが始まりです」

 グループ内ではどのようなやり取りがなされているのか?

「まず、『〇日に〇〇コインでやります』とLINEで連絡が来ます。その後は安いうちに仕込んで、メンバーが各自でウソ情報をSNSで拡散する。『ハードフォークする』とか『上場する』とかなんでもよくて、その動きで“イナゴ”を誘って、タイミングよく売り抜ける」

 Aさんはそれでいくら儲けた?

「計100万円入れておよそ倍にはなりましたね。草コインなんて取引量が少ないので、何人か集めて、それなりの額を買えば値段が動く。たまに意味不明に急に値上がりする草コインがありますが、ほぼ仕手です。うまく乗れればいいが、逃げ遅れるとヤバいですよ」



 また、投資家同士の悪巧みだけでなく投資家を狙う詐欺集団も。

仮想通貨にはびこる騙しの手口――仕手やフィッシング詐欺グループが暗躍


怪しい勢力「今、ICO詐欺とかで荒稼ぎしているのは、社債詐欺や振り込め詐欺に手を染めていた人種ですね」

 そう話すのは、「クリプト半グレ」を名乗るX氏だ。もともとは振り込め詐欺グループに在籍していた彼によれば、振り込め詐欺と同様に、ICO詐欺でも“億り人”の名簿を基に狙い撃ちしているという。

「多くの人たちはそもそも金融やITの知識がなくて、誰かに儲かるからと聞いて億り人になってます。だから次に、『実はフィリピンにこういう案件が』と言われると、成功体験から素直に信じる」

 フィッシング詐欺も主流だ。ある仮想通貨がハードフォークするという情報を流し、その通貨に似た名前のサイトを立ち上げるのだ。

「それが詐欺サイトで、『受け取るためにはここにコインを移してください』と促し、根こそぎ奪う」

 この2つは最近、警鐘を鳴らされている比較的一般的な手口と言えるだろう。もう一つ、現在一番動く金額が多く、かつ表面化していないのが、OTC(オーバー・ザ・カウンター)と呼ばれる手口だ。

「これはシンプルな脱税の手口。大量のビットコインを持っているけど課税があるから利確できない人を、ビットコインを買いたい人とマッチングさせるだけ。双方がパソコンを持ち寄って会い、特別なウォレットを用いて口座を通さない取引をしてもらうんです」

 この手口にも当局は目をつけ始めているというが、現実には摘発は至難だとか。まさに無法地帯だ。

https://nikkan-spa.jp/1462334














関連記事