FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【仮想通貨まるわかり】(15)どうやって買うの?

仮想通貨を売買するには、インターネット上にある仮想通貨交換所への登録が必要だ。国内外の業者が交換所を運営しており、取り扱う通貨の種類や手数料などは交換所によって異なる。利用者は複数の交換所を同時に利用できるが、登録は交換所ごとに行わなければならない。

 登録には原則として運転免許証などの個人情報証明書や銀行口座、取引を行うためのスマートフォンやパソコン、メールアドレスが必要。本人確認書類を郵送し、本人確認が完了後、通貨の取引が可能になる。

 登録が完了すれば交換所で利用する自分の取引口座が作成でき、日本円などを入金することができる。入金は銀行口座からの振り込みや、クレジットカードやコンビニ支払いで24時間可能。ほとんどは振り込み後1日程度で入金が反映される。即時入金に対応したシステムもあるが、その分、手数料は高い。

 交換所では入金した日本円やクレジットカードでビットコインなどの仮想通貨を購入することができる。また購入した仮想通貨の売却で日本円を得ることのほか、日本円の出金、仮想通貨の保管や送金なども可能。入出金や送金は手数料が発生する。

 また交換所では、ビットコインの場合、0.0001BTC(1BTC=100万円ならば100円)といった小さな単位から買える。購入方法は希望する売買価格を指定せずに購入する「成行注文」や、あらかじめ金額を指定して購入する「指値注文」などがある。

http://www.sankei.com/economy/news/180404/ecn1804040006-n1.html









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。