FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビットコインは世界共通の単一の通貨になる」とTwitter CEO大胆予測





みんなビットコインで儲けたい。

TwitterのCEOとして知られるジャック・ドーシーですが、実は仮想通貨にも対応するモバイル支払いサービス「Square」のCEOでもあります。そんなドーシーは、10年以内にビットコインが世界の法定通貨の供給を上回ってしまうだろうと予測しています。

もちろんそれはSquareにとってもありがたい展開なわけで、希望的観測という点は差し引いてこの発言を理解したほうが良いかもしれません。

仮想通貨が世界における取引の主流になる、という今回の大胆な予測はThe Timesでのインタビューで語られました。ドーシーは、仮想通貨のなかでもビットコインがその存在になるだろうと考えているようです。

「世界は最終的にはたったひとつの通貨を持つことになるだろう。インターネットはひとつの通貨を持つだろう。私自身はそれがビットコインだろうと思っているけれど。おそらく10年以上はかかるかもしれない、もしかしたらもっと早く実現するかもしれない」と語っています。

ドーシーの最近の投資先にはLightning Network(ライトニング・ネットワーク)という会社が含まれています。この企業はビットコインが抱える遅い処理速度と、あまりにも幅がありすぎる取引手数料の問題(スケーラビリティ問題)を解決することを目標としています。彼によると「ビットコインは現時点では効果的な通貨になる性能を持ち合わせていない」とのこと。しかし「ブロックチェーンによって構築された、より新しいテクノロジーのおかげでビットコインはもっと近付きやすくなるだろう」と述べています。

The Wall Street Journalに掲載された、Huawei(ファーウェイ)とOxford Economics(オックスフォード・ エコノミクス)が共同で発表した試算によると、「デジタル経済」は2025年までに23兆ドルまで膨れ上がるとのこと。ビットコインがこの規模の経済を支えるためには、一つのビットコインがかなりの価値を有する必要があります。元々はセキュリティ会社の創立者として知られていたものの、近年は妙な言動で話題を呼んでいるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)は2020年までにビットコインがひとつ100万ドルの価値になると発言して話題になりました。ところがビットコインが実際にデジタル経済のメインの通貨になるとしたら、実際に一つ100万ドル程度には達しないといけないんです。最近の大暴落の後、ここから100万ドルまで価値をあげようとしたら、指数関数的な成長を見せなければいけません。

そのため今回のドーシーの発言はやはりちょっと大胆すぎると言えます。仮想通貨に対するテック業界の盛り上げ方に対しては批判も多く出されています。2008年の経済危機を予測したニューヨーク大学の経済学教授であるNouriel Roubiniはそのうちの一人です。彼はビットコインは投機バブルであり、そのうち崩壊すると警告しています。

ビットコインの価値が暴落するなか伸びている仮想通貨もありますが、全体を見るとマーケットには詐欺や失敗にあふれています。Facebook(フェイスブック)やGoogle(グーグル)は最近になって、仮想通貨の広告を禁止しましたが、その背景にはこういった現状があるのでしょう。こんな大胆な発言をしているドーシーですが、Twitterも仮想通貨の広告を禁止する計画がある、と報道されています。たとえ彼の予測が当たったとしても、それが本当に一般人が持つ「経済的なアクセスを拡大させる」ことにつながるのか、それともシリコンバレーや大手銀行がさらに巨額の利益を得ることにつながるのか、はまた別の問題です。まぁデジタル経済のごく一部だけを切り取っても非常に大きな利益を上げられるので、ドーシーのビジネスという点ではこの予測が外れてもそれほど問題ではないでしょう。

Source: The Times, TechCrunch(1, 2), Ars Technica, The Wall Street Journal

https://www.gizmodo.jp/2018/04/bitcoin-will-be-the-worlds-single-currency.html






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。