FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想通貨の「みなし業者」、廃業・身売りまでのカウントダウン









2018年1月26日、仮想通貨交換業者コインチェックの取引所が取り扱っていた仮想通貨「NEM」が不正アクセスにより外部へ不正送金され、資産約580億円相当が消失する事件が発生。顧客の資産保護などをめぐって仮想通貨への不安が一気に高まる事態を招いた。これを受けて、仮想通貨取引の許認可を管轄している金融庁は規制強化に動いており、交換業者の管理体制の不備などがあらためて浮き彫りにされている。

 コインチェックは3月8日、1月末に続いて2度目の業務改善命令を受けている。金融庁が問題視したのは、顧客の仮想通貨や預り金の管理体制など、システム運営におけるセキュリティ対策が甘かったことだ。

 2017年4月1日に施行された改正資金決済法では、仮想通貨交換業者に仮想通貨と預り金のそれぞれに関して、顧客と自社の資産を明確に分けて分別管理するように義務づけている。交換業者が顧客資産に手をつけて返金できない事態に陥ることなどを防ぐためで、違反した業者には罰則が設けられている。

 また、改正資金決済法では、マネーロンダリング対策や利用者保護の観点から、金融庁の登録を受けた業者のみが仮想通貨交換業を行なうことができると定めている。金融庁に登録されるには、「株式会社であること」「資本金が1000万円以上であること」「純資産がマイナスでないこと」「顧客資産の分別管理」「年1回以上の外部監査を受けること」などの要件を満たしていなければならず、それをクリアして登録を受けた業者は現在16社となっている。

 ただし、改正資金決済法がスタートした2017年4月1日より前から仮想通貨交換業を行なっている業者には、経過措置として同4月1日から6か月の間に登録の申請をした場合は、金融庁がその申請に対して登録または登録拒否の処分を下すまでの間、仮想通貨交換業を続けることができるとされた。

 つまり、登録の要件を満たしていない業者にも猶予期間が設けられ、金融庁が登録か登録拒否の処分を下すまでは、いわゆる「みなし業者」として存続が許されたのだ。現在、登録を申請中のみなし業者は16社あり、そしてコインチェックもそのひとつである。

仮想通貨業界の事情に詳しい金融関係者は、みなし業者の今後を次のように分析している。

「みなし業者の登録申請に対して金融庁が登録か否かを決定する時期は、遅くとも4月中と見られる。登録を受けられなかった場合、その業者は廃業を余儀なくされる。しかし、各みなし業者の現状を考えれば、金融庁の登録要件をクリアすること自体が厳しいうえに、コインチェックの流出事件による金融庁の監督強化を受けて、登録を受けるハードルはさらに上がったと思われる。そのため、最終的に登録が受けられる業者はよくて3分の1以下、ゼロという可能性も十分に考えられる。それだけでなく、今後新たに参入を考えている業者についても、参入障壁がさらに厚くなったのは間違いないだろう」

 みなし業者は最悪なら廃業、あるいは新規参入を狙う企業への身売りという事態も、十分考えられるという。登録申請が認められるかどうかが、みなし業者の企業存続の分かれ道となる。彼らにとっての「運命の日」のカウントダウンは、刻一刻と近づいているようだ。

https://www.moneypost.jp/262606









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。