初めてビットコインなど仮想通貨取引を始める人へ

■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。

2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。
2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。
2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。
「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

「コインチェック」事件で日本の仮想通貨取引所は不安という人もいるかもしれませんが、日本の仮想通貨取引は世界で最も厳しい法律が整えられています。仮想通貨取引に関しては日本が世界をリードしているのが現状です。


初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。

FX取引では、手数料などが安いという理由で外国の取引所を使っていた人が、その取引所から出金ができないというトラブルが多発したことがありました。仮想通貨でも外国の取引所では同様の危険が予想されます。




■私が利用しているビットコイン取引所
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で





この「ビットフライヤー」は初心者に扱いやすいツールが揃っている取引所です。
ビットコインの取引が初めての人はこの取引所だけでも登録しておくと良いでしょう(無料です)。

私は「ビットフライヤー」をメインにして仮想通貨取引をしています。




■スマホでの取引がメインならこちらがオススメです

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

この「GMOコイン」はスマホでの取引に便利です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック





■これより下が最新記事です■ ↓ ↓ ↓ ↓

20170105neko.jpg

機関投資家が5割以上を投資=仮想通貨運用ファンドのレポート

デジタル資産運用ファンドのグレースケールが18日に出したレポートによると、今年前半、資金流入の大半が機関投資家によるものだったことが明らかになった。今年に入って仮想通貨相場は低迷しているが、グルースケールの言葉を借りれば「反直感的」に機関投資家からの投資額が加速していたことになる。

 グレースケールの仮想通貨関連商品に対する投資額は、今年の6月30日までにほぼ2億4840万ドル(約280億円)を記録し、2013年以来で最高。そのうちの実に56%が機関投資家からだったという。また週平均で955万ドルの新たな資金流入があり、そのうちの63%である603万ドルが、グレースケールが出資する投資信託であるビットコイン・インベストメント・トラストに流れたという。

 仮想通貨相場は年初から下がっていたが、機関投資家は押し目買いを狙っていたことがレポートから明らかになった。

グレースケールは、過去5年間、仮想通貨への投資額を調査している。2013年9月には投資信託であるビットコイン・インベストメント・トラストを設立して以降、イーサリアム クラシックやZcash、ライトコインなど資産の多様化を進めている。

 仮想通貨に興味を示す機関投資家のニュースは多く、先日、世界最大の資産運用会社ブラックロックがビットコインの可能性を評価するためのワーキンググループを設立したと発表。また”資産1兆円の男”スティーブ・コーエン氏が仮想通貨ヘッジファンドに投資を始めたことが明らかになった。


https://jp.cointelegraph.com/news/2018-crypto-investment-report-institutional-investors-provide-56-of-capital-inflow